フリーターの住む家の家賃はいくら位なのか

フリーターの住む家の家賃はいくら位なのか

フリーターであったとしても、きちんと独立して一人暮らしをして生きている人達というのは意外と沢山いるものです。

むしろフリーターだからこそ、実家にいることに肩身の狭さを感じてしまって、自ら希望して一人暮らしをするようになったということが一般的なのです。

ところでフリーターの人達が住んでいる家の家賃は、大体いくら位なのでしょうか。

一般的に家賃というのは収入の約3分の1程度が相場であると言われています。つまり正社員の人が月に30万円稼げている場合、その正社員の家の家賃は大体10万円程度であると推測できるのです。

それではフリーターの人の場合はどうでしょうか。

非正規で働いている場合、大体多くても月に15万円程度の稼ぎであるということが多いです。なので家賃はその3分の1の5万円程度ということが多くなるのです。

更に正規で働いている人と違って単身で暮らしている人が多いので、部屋の間取りについてもワンルームでも大丈夫なことがほとんどなので、都市部であっても月に5万円程度の家賃で住むことが十分に出来るというわけなのです。

もちろんフリーターとはいっても色々な人達がいます。

中には定職には就いていないものの親が資産家である為毎月援助をしてもらっているという人の場合、月に10万円を超える家賃の家に住んでいることだって珍しくないのです。

逆に月に5万円程度も支払えないような本当に切羽詰った状態にある人の場合、家賃2万円の家に住んでいることだってあります。
家賃2万円の家の場合は大抵は古いアパートで、風呂すらないことがほとんどです。

更にトイレや洗濯機が共同になっているところもあるのです。
このようにフリーターといってもピンからキリまで色々あるのです。