フリーターの確定申告について

フリーターの確定申告について

フリーターの人の場合は確定申告の時期になると、しっかり自分で計算して税金を納めるようにする必要があります。

正社員で働いている会社員の場合は会社が年末調整という手続きで全て本人に代わって処理をしてくれますので、正社員である本人は必要書類を会社に提出する以外は特に自分自身で何かをしに行かなければいけないということはありません。

会社がやってくれるので非常に便利なのです。もちろんフリーターの場合も例えアルバイトであったとしてもしっかりとした勤務先があるという場合、勤務先が本人に代わって年末調整の手続きをやってくれますので、自分で確定申告に行く必要はありません。

この点は正社員であろうがフリーターであろうが同じです。

しかしフリーターの人達というのは多くの場合アルバイト等をいくつも掛け持ちしてやっている場合が多く、このように勤務先が複数あるという人の場合は年末調整によることは出来ず、確定申告に行く必要があるのです。

もちろんフリーターの人達というのは年収が少ないことがほとんどですので、年収によってはそもそも確定申告すらする必要もないという場合も結構あります。

しかしその場合でも既に支払った所得税等の還付を受けることは出来ますので、少しでもお金が欲しいと思うのであれば面倒くさがらずに足を運んで手続きをするべきでしょう。

最近では手続き会場に行けば何人ものスタッフがいて丁寧に手続きの仕方について教えてくれますので、知識のない人であっても安心です。もちろん確定申告をする義務があるのにしないというフリーターの人も沢山いますが、果たすべき義務を果たさずして後になって困るのはフリーターである自分です。

国家からの制裁を受けたくないのであればしっかりと確定申告はするべきなのです。