フリーターはちゃんと税金を払っているものなのか

フリーターはちゃんと税金を払っているものなのか

一般的にフリーターの人達というのは正社員の人と比べて毎月貰えるお給料が低いことが多いので、家賃や食費等に充てるのが精いっぱいで、なかなか税金のことまで詳しく調べている余裕がないという人も多いものです。

もちろんフリーターの人の中にはきちんとどのような税金をどのような時期に支払うべきなのかについてきちんと理解していて、滞納なく支払っている人も大勢います。

しかし一般的に正社員と比べてフリーターの人というのは税金に対して無関心な場合が多く、そもそも税金の種類にはどのようなものがあって、どのような方法で支払えばいいのかすらよく分かっていないことも珍しくないのです。

しかし税金というのは日本国民として日本で生活をしていく上では必ず支払わなければいけないものですし、フリーターといえどもお給料は貰っているわけですから、支払いが滞ってしまった場合は最悪の場合は滞納処分を受けることにすらなりかねません。

なので滞納処分をされたくないのであれば、日頃からしっかりと税金を支払って国民の義務をしっかりと果たしていく必要があるのです。

それからフリーターの人の場合は実家暮らしをしていることが多いです。
その為親の扶養に入っている場合すらもあるのです。

しかし国民健康保険料や健康保険料と所得税とは全く別のものです。

つまりいくら親の扶養に入っていて保険や年金については保険料を支払う必要がないという人の場合であっても、毎月一定額以上のお給料を貰えているのならば、所得税等は自分で納める必要がありますし、自分で納めることが難しいのならば親にきちんと毎月どれ位稼いでいるのか報告して親に手続きをして納めてもらう必要があります。

このようにフリーターの人というのは多くの場合は税金についてしっかりとしていない場合が多いのです。