退職後フリーターとして健康保険に加入する場合は

退職後フリーターとして健康保険に加入する場合は

会社を退職して、しばらくフリーターで仕事をする予定ですが、この場合は健康保険に入っておくべきでしょうか。

もちろん、病気や怪我をした時に備えて、入っておくに越したことはありません。
正社員の場合は社会保険ですが、フリーターの場合は国民健康保険になります。

元々国民健康保険に入っていた場合、あるいは国民健康保険加入者の扶養家族であった場合はともかく、会社を辞めてフリーターとなった場合は、加入のための手続きが必要になります。

この国民健康保険の手続きは、市役所や区役所で行われます。

役所には通常、国民健康保険課というのがありますので、そこで手続きをするようにしてください。その場合は、それまでの保険の資格喪失証明書、そして源泉徴収票を忘れずに持参しましょう。

なぜかといいますと、保険料はその前年度の収入を基準にして決められているからです。

また、退職前に確認しておくべきこととして、任意継続というのがあります。

これは、会社を辞めても引き続き社会保険にとどまることができる、つなぎのような制度です。一旦退職してフリーターになったとしても、1年後くらいにまた再就職する予定があれば、むしろこの任意継続の方がメリットが大きい場合もあります。

もちろん家族を被扶養者にすることもできます。

この任意継続を行う場合は、資格取得申請書をもらって所定の事項を記入し、退職日の翌日から20日以内に、全国健康保険協会の支部に提出するようにしてください。

詳しくは退職前に、会社の総務や労務担当の人に聞いてみるのがお勧めです。

この任意継続をした場合は、最大で2年間有効です。
またこの任意継続の場合は、保険料を滞納すると即刻資格停止になることもありますので、きちんと納入するようにしましょう。